Re-Style

MENU

実績については、以下のページも併せてご覧ください。

Re-Styleのメディア掲載履歴一覧
Re-Styleのセミナー・講演実績一覧
Re-Styleのお片づけ実績一覧
実例集【Portfolio】はこちら(PDF)

家具の背面が見えてももう気にならない!カッティングシートを活用して置きたい場所に家具を置こう

img_8767

家具をここに置きたいけれども背面が見えてしまい
お部屋が残念な状態になってしまったことや
背面が見えてしまうから、置きたい場所以外に家具を置いたというご経験はありませんか。

こちらのお客様のお家でも「置きたい場所」と「置ける場所」が違っていました。

「使用頻度に合わせた場所への収納」「動線に合わせた収納」は
整理収納作業をする上ではずせない大切なポイント。

そこで、置きたい場所に家具を置き、背面が気にならないように工夫することにしました。

家具の背面にホ-ムセンタ-などで購入できる
「カッティングシ-ト」を棚の大きさに合わせて貼ります。

空気が中に入らないように気をつけながら貼っていき、完成したのがこちら。

高さのある家具は家具の色と背面の色が一緒だと、圧迫感がなくなります。
お部屋がきれいに見えるだけでなく、広くも見えるようになって
更に使いやすい配置だと嬉しいことがたくさんですよね。

ちょっとの工夫で劇的に使いやすくなります。
お困りの方はぜひお試しください。

インテリアはコーディネ-トの力で変わる

6月は週3日片付ける人。週2日セミナー講師。
週2日インテリアコーディネーターな刺激的な毎日を送りました。

ちょっと大きなインテリアのお仕事が無事完了。

Francfrancっぽいけどこの写真の中にFrancfranc物は一つもなし。

古ーいマンションをコーディネートの力で可愛くしました。

捨てられなくても大丈夫!?価値を決めずにリサイクルに出してみよう

お客様宅にて、引越し前の整理収納作業5時間で出た不用品。

ノーブランドの雑貨ばかりで値が付かないような物も
エコリングさんに持ち込んでみたら1,530円に。

Mary’sの缶も(私は捨ててしまいますが)

タイに行けば小物入れとして買われていくそうです。

  
物を捨てられないタイプのお客様の場合
「リサイクル行き」と書いた箱を作り、
捨てにくいものは「必要な方へ送り出すモノ」としてその箱へ入れる。

そうするだけで迷うことなく仕分け作業がサクサク進みます。

1日でモノで埋め尽くされた2部屋分の仕分けと梱包作業が終了しました!

引越し後までしっかり見届けさせていただきます!

CONTACTお問い合わせ

お仕事の依頼やご相談、Re-styleについてのご説明などお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US