Re-Style

MENU

実績については、以下のページも併せてご覧ください。

Re-Styleのメディア掲載履歴一覧
Re-Styleのセミナー・講演実績一覧
Re-Styleのお片づけ実績一覧
実例集【Portfolio】はこちら(PDF)

一人暮らし女子の整理収納とインテリアコーディネート

お一人暮らしの女性からは
整理収納だけでなく、インテリアコーディネートのご依頼も多く頂きます。
自分のお気に入りのモノに囲まれ、素敵な空間で過ごしたいですよね。

AFTER

こんな素敵なお部屋になる前はこちら
BEFORE

スタンダードコース(※こちらの案件はアシスタント作業員1名追加)で、
ここまで素敵で快適なお部屋に生まれ変わります。
ぜひご相談くださいませ。

子ども部屋を自分で片付けられるようになる

子ども部屋が片付かないとお悩みの方へ

特に夏休みは、学校からすべての学用品を持ち帰っている上、
毎日お子様がいることで、ずっとモノが出放しとなり、
余計に片付いてない事が気になりますよね。

片付く子ども部屋のポイントは、
・お子様自身がモノの定位置を決める。
・その定位置に、出しやすく戻しやすい仕組みを作ってあげる。

特に、戻しづらかったり、戻すのが面倒だったりすると
モノはそこへ戻ってこないことが多いです。

ちょっとした工夫と仕組みで、
キレイがずっとキープできるお部屋になります。

それを体験されたA様の事例をご紹介します。

<お客様の声>==================================

今日は息子と一緒にお片付けしていただき、ありがとうございました。

息子は私の言うことは聞かなくて、部屋も汚くなるばかりで悩んでいました。
もうお片付けのプロにお願いするしかないと思いきって申し込みしました。

今日は息子が素直にどんどん片付けていく姿にびっくり、
そしてピカピカになって本当に嬉しかったです。
夕方には棚のアルバムをみて、きちんと元に戻せていました。
私が勝手に片付けていたときは、使い勝手が悪かったんですね。

これからも片付いた状態をキープできるようにサポートしていきたいと思います。
今日は色々教えていただきありがとうございました。

============================================

では、頑張ったお子様の
Before→Afterをご覧ください♪

Before①


After①

Before②


After②

Before③


After③

クロ-ゼットにある小物はどう片付ける?おすすめは「グル-ピング」

洋服の量を見直して、
服を選びやすい・取りやすい・しまいやすい
クロ-ゼットにしたい!とご依頼いただいた2人のお子さんのママ。

  

残すはこちらの棚のみ。

小物をひとまずカゴにまとめて置いてある状態でした。

入口の1番近くにあるのに使用頻度が低いものも置いてあり、
使いにくくなっていてもったいない。
棚に置いてなくてもいいモノは移動!

まずは、1番上の棚にあるポ-チからお片付けをしました。

使用頻度の低いポ-チは、
旅行用・普段用などと用途ごとにカゴにまとめて、一番奥の枕棚の上に移動しました。


使用した収納グッズ:IKEAのSKUBBボックス

洋服や鞄の整理でも用途や頻度ごとにまとめましたが、
このテクニックを「グル-ピング」と言います。

例えば「旅行に行く時」
旅行用のポ-チが入っているボックスから旅行用ポ-チを取ればいいだけ!

クロ-ゼットの棚は「可動棚」
収納するものによって高さを変えることができる便利な棚。

使わないなんてもったいない!と言うことで…
毎朝ワイシャツを選ぶのに引き出しに入っている状態だと
大変というご主人様のために
棚の高さを変えて引き出しから出して、並べました!


上段:お仕事用 下段:お休みの日用

そして、カゴに入っていた
ベルト・手袋などの雑貨もご主人様用、奥様用で分けて収納。

クロ-ゼットの棚には雑貨などを置くことが多いですが、
思い切って、よく着る洋服を収納するのもおすすめです。

後回しにしがちなクロ-ゼットのお片づけですが、
キッチン同様毎日行く場所です。
お時間のある時にぜひお片づけしてくださいね。

CONTACTお問い合わせ

お仕事の依頼やご相談、Re-styleについてのご説明などお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US