Re-Style

MENU

家具の背面が見えてももう気にならない!カッティングシートを活用して置きたい場所に家具を置こう

img_8767

家具をここに置きたいけれども背面が見えてしまい
お部屋が残念な状態になってしまったことや
背面が見えてしまうから、置きたい場所以外に家具を置いたというご経験はありませんか。

こちらのお客様のお家でも「置きたい場所」と「置ける場所」が違っていました。

「使用頻度に合わせた場所への収納」「動線に合わせた収納」は
整理収納作業をする上ではずせない大切なポイント。

そこで、置きたい場所に家具を置き、背面が気にならないように工夫することにしました。

家具の背面にホ-ムセンタ-などで購入できる
「カッティングシ-ト」を棚の大きさに合わせて貼ります。

空気が中に入らないように気をつけながら貼っていき、完成したのがこちら。

高さのある家具は家具の色と背面の色が一緒だと、圧迫感がなくなります。
お部屋がきれいに見えるだけでなく、広くも見えるようになって
更に使いやすい配置だと嬉しいことがたくさんですよね。

ちょっとの工夫で劇的に使いやすくなります。
お困りの方はぜひお試しください。

Before

After

ご依頼者様情報

CONTACTお問い合わせ

お仕事の依頼やご相談、Re-styleについてのご説明などお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US