Re-Style

MENU

実績については、以下のページも併せてご覧ください。

Re-Styleのメディア掲載履歴一覧
Re-Styleのセミナー・講演実績一覧

いろいろなモノをしまう階段下収納だからこそ必要な工夫

3月に入ってからも育児休暇から復帰する4月までに
お家を整えたいというお客様からのご依頼を多数いただいています。
ありがとうございます。

今日ご紹介する実例は
育児休暇中の2児のママのお家の階段下収納です。

階段下はどんな収納家具やグッズがいいのか分からずお悩みの方も多いです。

こちらのN様も
スチ-ルシェルフを使って空間をどうにか上手に使えないかなと思って、
いろいろ工夫はしているもののいまいちとお悩みでした。

よく使うモノは取り出しやすい上の方に置いているけれども
他は置けるところに置いてあるとのことでしたので、
全部出す→分けて減らす→収めるの順番でお片づけをしました。


上から
1段目:日用品のストック
2段目:おしりふきのストック、工具類(無印良品のケ-ス)
3段目:使わない電化製品、スプレー類、掃除用品
1番下には赤ちゃんグッズと取っておかなくてはいけない空箱。

置ける場所にとりあえず置いた物を使用目的ごとにまとめて、
使用頻度で指定席を決定。
置く場所に困っていた掃除機も取り出しやすい場所に指定席を決めました。

いろいろなモノをしまう階段下収納だからこそ、
使用目的ごとにまとめて置くと、とても分かりやすくなります。

ちょっとの工夫をいろいろな場所に散りばめて、
使いやすくリバウンドしない収納を目指してみてくださいね。

実績については、以下のページも併せてご覧ください。

Re-Styleのメディア掲載履歴一覧
Re-Styleのセミナー・講演実績一覧

後回しになりがちなクロ-ゼットこそ復帰前にお片付けが必要!

こんばんは。
昨日は神奈川県にお住いのワーママのお家へ。
同じ働くママとしてたくさんの経験をお話しながら
キッチン・パントリ-・廊下収納を3時間でお片付けをしてきました。

復帰してからだとお片付けの時間を作るのも大変ですが、
一度きちんと時間を作って動線や使用頻度を確認して、
自分にあったモノの数にすると生活は劇的に変わります。
 
毎日忙しい働くママには、
働く環境を整える=家事にかける時間をなるべく減らすこと
とても大切ですよね。

最近は更に育児休暇中で
4、5月復帰予定のお客様からのご依頼が増えてきており、
復帰前に整えることのメリットをお伝えしながら
復帰後の生活が少しでも負担が少なくなるよう
お客様の気持ちに寄り添って、さまざまな提案&お片づけをしています。

こちらのさいたま市にお住いのお客様も
朝は時間がきっとないから、
クロ-ゼットもきれいにしておきたいとの事でした。

写真に写っていない場所には、
ハンガ-が入っている段ボ-ルや衣装ケ-スが
なかなかお片づけをしようと思っていたけれどもできずに置かれていました。

洋服も1枚ずつ着ているか・着ていないかを確認して
着用頻度の高い順に引き出しに収めます。

そして完成したのがこちら。

今まで段ボ-ルに入れてあったお仕事用の服もきちんと引き出しに収納し、
管理しやすい状態にしました。

クロ-ゼット左側はただかけている状態で
収納ケ-スが置いてあるので、狭くなっていました。

収納ケ-スは畳みの洋服を入れるのに使い、
掛けてある洋服は、復帰後の着用頻度も確認しながら
ワンピ-ス・ジャケット・ス-ツなどとアイテムごとにまとめ、
ビニ-ルのカバ-は外しました。

バラバラだったハンガ-もそろえたので、更にスッキリ感がでましたね。

  

クロ-ゼットのお片付けは後回しにしがち・・・

でも、毎日使う場所。
お片付けがきちんとしてあるのとないのとでは
朝の身支度の時間もかなり変わってきます。

ですので、本当は復帰前にお片づけをしておいて欲しいです。

4月5月は衣替えの時期なので
朝の身支度に時間がかかっている方は、ぜひクロ-ゼットの見直しをしてみて下さい。

洋服が減るとお洋服も選びやすくなってコ-ディネ-トにも悩まなくなります。

実績については、以下のページも併せてご覧ください。

Re-Styleのメディア掲載履歴一覧
Re-Styleのセミナー・講演実績一覧

のれんなどがなくても窓を隠せる!おすすめは「窓飾りシ-ト」 

img_4747-2

廊下からリビングが丸見え…よし隠そう!と思った時に
まず頭に浮かぶのは「のれん」や「カ-テン」という方がほとんどだと思います。

でも、ドアを閉めるとのれんやカ-テンが挟まってしまい
またドアを開けて閉めなおして…と
面倒に感じた事がある方も多いのではないでしょうか。

今日はそのイライラも解消して、スッキリ隠せる方法をご紹介します。

使用するアイテムは「窓飾りシ-ト」

こちらのシ-トをガラスのサイズに合わせてカット。

貼ります。

窓飾りシ-トを使うと、簡単にお部屋の雰囲気も変えることができますし、
光を遮らないので、お部屋の明るさも保つことができます。

また、小さいお子様のいるご家庭では、
のれんやカ-テンを引っ張って頭に落ちる危険もなくなります。

ホ-ムセンタ-などで購入できますので、
事前にサイズや貼ることができるガラスなのかを確認してくださいね。

こちらのメ-カ-の貼れるガラスはこちらです。

のれんなどを使っているけれども、もっとスッキリさせたい方は
ぜひお試しください。

3 / 2012345...1020...最後 »

CONTACTお問い合わせ

お仕事の依頼やご相談、Re-styleについてのご説明などお気軽にお問い合わせください。

CONTACT US